二宮和也の手品

手品(マジック)

二宮和也のマジック


手品のススメのトップ 手品のススメの管理人プロフィール 手品のススメの用語集・基礎知識 手品のススメのリンク集


トップ>  嵐の二宮和也さんが見せたトランプ手品

 2008年10月6日放映の東京フレンドパークで
 二宮和也さんがカードマジックを披露していました。
 その中で、二宮さんへのクイズの題材として
 使われていた本は
 東京堂出版のカードマジック辞典ではなく
 カードマジック事典というものでした。 
  ↓アマゾンで販売されていますね
 カードマジック事典


 2008
年5月8日(木)の晩にテレビでひみつのアラシちゃんという番組で
 嵐の二宮和也さんがカードマジックを披露していました。

 とても面白かったですね。

 トランプ手品の技はもちろんですが、やはりタレントで俳優もこなしていますから、
 しゃべりがとてもうまいです。

 オセロの松嶋さんとのからみとかが、うまくかみあっていましたね。

 まあ、テレビの収録なだけに、絶対といっていいほど、失敗したところは
映すこと
 はないかと思います。

 また、実際に一般の人が手品を見せる場合は、オセロの松嶋さんのような
 ノリの良い人も少ないかとは思いますが・・・

 トランプはあまりやりすぎると相手をすぐに飽きさせてしまいます。

 ただ、二宮さんが披露した4つのカードマジックはどれも、違った現象を見せて
 いたので、とても流れがすばらしいと思いました。

 トランプマジックの定番といわれるカード当ては最後のみでしかも、ドラマチック
 な当て方でしたのでラストにふさわしい内容だったと感じました。

 私が一番気に入っていたのは、3番目に見せた、赤と黒のカードが全てそろう
 というマジックでした。

 実はちょうど私もこれに似たマジックを習得中でした
 ので、のめりこむように見ていました。

 私が覚えたのはMrマリック氏のDVDで覚えたもので
 タイトルは

 「奇跡の直感」といいます。

 最後の決めセリフは「女性の直感は怖いですね」みたい
 な感じで締めています。

 おそらくタネは同じかと思いますが、二宮さんみたいなやり方もあるのだと
 参考になりました。

 ただ、何度も録画したビデオを見ているのですが、カメラアングルで、
 とても見たかった箇所がなかなか見ることができませんでした。

 ちなみに、私が身につけた赤の列と黒の列がそろうマジックがが
 解説されているは
コチラのDVDです。
 ↓
 Mr.マリック すぐできる超魔術 決定版 モテル篇

 最近では、この手品教材にあるやり方が最適かなって思います。
 赤と黒が一致するトランプマジックのページ


 また上記のマリックさんのDVDは雑誌「月刊サーカス6月号」に
 「誰もが知りたい『女性』攻略DVD」の一つとして
 紹介されていました。

 Mrマリックの超魔術のうち、女性に受けるネタの
 トリックを分かりやすく解説。
 
 手軽にできる小技ばかりなので、ヒマなときにでも
 練習すればできる。と掲載。

 確かに、女性にウケそうなマジックを中心に紹介
 されていると思います。

 鉛筆が中指を貫通する超魔術はかなりインパクト
 がありますし、ハンカチが手首を貫通する手品も、
 自然と女性の手を握ることができるようになっている
 ところは、ぜひご覧になる価値大いにあります。


 Mr.マリック すぐできる超魔術 決定版 モテル篇



 手品のススメのメニュー

マジックDVD講座

モテるマジック48手

ラブマジック感想

ガチで使える感想

手品の歴史と起源

マジックとの出会い

手品の上達のための秘訣

生涯学習のための手品

失敗・ハプニング特集

東急ハンズでマジックショーデビュー

アイデアと発想力について

セリフの大切さについて

ウケる話術を研究する

手品のタネ明かしとやり方でスピーチ力を養う

マジックでもてるようになるには

合コンでもてる手品とは

マジシャンのための合コン必勝法

マジック 手品で大切なのは流れです

週末マジシャン・バッザの手品日記帳

手品通信講座 無料資料請求

手品 マジック雑記

旅 行 記
手品と英語ジョークで過ごしたカナダ旅行記


 
趣味の英会話のメニュー

私の英語勉強法

ダジャレ英単語連想記憶法

英単語暗記法

英語嫌いになった英文学科時代

英会話スクールに通う前に注意しておくこと

英会話ができる環境と継続するには

ジョークと英会話との出会い

英語ジョークを覚えてコミュニケーション

映画で英会話をマスター

クローズド・キャプション・デコーダーで映画英語を習得

初心者が英会話をしているように見せかける方法








Copyright (C)手品のススメ All rights reserved