ザ・イントロダクション レビュー

手品(マジック)

初心者のためのマジックDVD講座


手品のススメのトップページ 手品のススメの録管理人プロフィール 手品マジックの用語集・基礎知識 手品のススメのリンク集

プロ級マジック、覚えたい?


トップ> ザ・イントロダクション レビュー

ザ・イントロダクションのレビュー

  『ザ・イントロダクション』という マジックレクチャーDVDを
  購入しました。


 
  
 このマジックレクチャーDVDは、プロ級のマジックを身につけたい
 と思っている 初心者の方が、ゼロからマジックを始めるのに最適
 な、とても丁寧に解説された手品の動画教材です。

 一枚目のDVDは演技力アップ編です。
 会社のOLの前で、ホームパーティで、合コン
 で、子供の前で、学校で、高齢者の前でなど、あらゆる場面の
 設定の中で模範演技を披露しています。

 観客はリアルか?と思えるくらいリアクションが良いです。
 見ているだけでもワクワク、ニヤニヤしてきます。

 私が特に気に入っているのは、会社の休憩室でOLの先輩に
 マジックを披露してるシーンです。

 そして、手品の種明かしの部分について、丁寧に解説されている
 ということはとても大切なところです。

 作者の海田さんは、ゆくっとりと、丁寧に何度も分かりやすく、
 見せて、話してくれています。

 とても理解しやすいです。

 私は以前、ある有名マジシャンのビデオを購入した
 ことがあるのですが、解説部分がとても短くて
 単なる種明かし的なものを購入した経験があります。

 そうすると、一番大切な、どのように見せるかというところ
 が理解できないままのため、やる気が起こらず、
 結局、練習しないままに なってしまったものが多数ありました。

 「ザ・イントロダクション」は、
 DVD10枚には、カードマジック、コイン、輪ゴムマジック
 のほか全部で82種類のマジックを総収録時間23時間以上に
 わたって、丁寧に解説されています。
カードマジック
 作者のマジシャン 海田洋祐iさん
 の販売ページでもわかるように
 とても丁寧に解説しているという
 ことを強調されております。
 
 ↓詳細はコチラ 
  販売ページはコチラ
  『ザ・イントロダクション』

 私も現在でも、何度も見て参考にしています。
 カードマジックやコインマジックに関しては、
 専門用語、基本技法から、実践とさまざまな角度から、
 身に着くようにレクチャーされています。

 タネだけ分かってもその見せ方、演出の方法などがしっかりと
 解説されているものは、大変参考になります。

 解説カメラのアングルも正面からだけでなく、マジシャン側
 から見た角度からも映し出され、とても理解しやすいです。

  ■初心者がマジックを身につける教材にはDVDが最適

 私にとって、初心者の頃、マジックを身につけるには、
 本から学ぶこともあったのですが、独学で学ぶに最適
 なのはやはりビデオ(DVD)などの動画でした。

 私もたくさんのマジックの書籍を購入しましたが、本では理解
 しにくいところでも動画であれば、良く理解することが
 出来たものが多数ありました。

 タネの原理もそうなのですが、
 一番の収穫は、見せ方と角度です。

 これはなかなか本では伝わらないものだと思います。


 ■マジックレクチャーDVDや手品教材で気をつけること
 
 ただし、マジックレクチャーDVD
アンビシャスカード や手品の教材を購入するときに
 気をつけなければならない点
 もあります。

 それは、「全てのマジックが全部
 使いこなせるのか?」
 ということです。

 
 といいますのは、手品のレクチャーDVD
 の中でも身に付くものが、 2〜3つでもあればそれは
 大収穫だと思って良いでしょう。
 
 もちろん、この「ザ・イントロダクション」は使える手品が
 かなり豊富にあると思ました。

 ただし、技法が難しくて練習時間が多大に必要であるネタ
 もあります。
 
 そして、大切なことは、手品の習得と同時に、
 あなたのキャラクターを磨くことです。

 ウケるマジックをするにはどうしたら
 良いのか、自分なりの研究がはじまります。


 そこが手品の面白いところでもあります。

 カードマジックについては、私の経験上、人前で
 スムーズに見せることができるようになるには、ある程度
 の練習と時間が必要です。

 でもそれは当たり前のことですね。

 人を感動させるのに、簡単にできるものを披露したところで、
 人の心は動いてくれません。

 マジックでは一般に人にはわからない秘密の動作を行ってい
 る、言ってみれば水中でアヒルが一生けん命に足を動かして
 いるように見えないところで、動きが大切になってきます。

 この影の努力があってこそ、それをサラリとするところに
 人を感動させることができる秘密あるということなのです。

 ■マジックを見せる上で、一番伝えたいこと

 そして最後にお伝えしたいことがあります。

 それは、
 
 「最後は誰も助けてくれない」という
 
 ことです。

 もちろん、種明かしやマジックのやり方、コツなどは丁寧
 に解説していますが、

 練習をして身につけるのは、あなたが一人でおこなわなけれ
 ばならない!

 ということです。

 あなたがマジックを演じているときには、誰も助けて
 くれません。

 あなたの身に付けた、腕前だけが信じるものなのです。

 そして、身に付けた技術によって、観客を驚かせることが
 できたならこれほどの快感はありません

 なぜなら、それはあなたが、自分の未来を信じて、
 練習して身に付けた
一般の人には真似できない
 技術なのですから。

 それがまわりから、「すごーい」「えー!?」などと言った
 驚きの声が聞こえてきたとき、自分を信じたことへの称賛
 はお金にかえることができないものです。

 それは一生にわたって楽しみ続けることができる技術
 なのです。

 ぜひ、この素晴らしいマジックの世界に一歩踏み入れ
 てみてはいかかでしょうか

 初心者からはじめるなら
  『ザ・イントロダクション』



 
手品のススメのメニュー

マジックDVD講座

モテるマジック48手

ラブマジック感想

ガチで使える感想

マジックとの出会い

手品の上達のための秘訣

生涯学習のための手品

失敗・ハプニング特集

東急ハンズでマジックショーデビュー

アイデアと発想力について

セリフの大切さについて

ウケる話術を研究する

手品のタネ明かしとやり方でスピーチ力を養う

マジックでもてるようになるには

合コンでもてる手品とは

合コン必勝法

マジック 手品で大切なのは流れです

マジック 手品を見せてはいけない相手

週末マジシャン・バッザの手品日記帳

手品通信講座 無料資料請求

手品用品・手品グッズ

手品 マジック雑記

簡単手品のやり方

コンパで恋ぷらん口コミと評判

手品の歴史と起源

旅 行 記
手品と英語ジョークで過ごしたカナダ旅行記

 
趣味の英会話のメニュー

私の英語勉強法

ダジャレ英単語連想記憶法

英単語暗記法

英語嫌いになった英文学科時代

英会話スクールに通う前に注意しておくこと

英会話ができる環境と継続するには

ジョークと英会話との出会い

英語ジョークを覚えてコミュニケーション

映画で英会話をマスター

クローズド・キャプション・デコーダーで映画英語を習得

初心者が英会話をしているように見せかける方法





Copyright (C)手品のススメ All rights reserved