英会話の環境と継続

英会話ができる環境と継続するには


手品のススメのトップページ 手品のススメの録管理人プロフィール 手品マジックの用語集・基礎知識 手品のススメのリンク集


トップ> 英会話ができる環境と継続するには 
 
 英会話ができる環境継続する
 には
 
 英会話ができる環境と継続していく
 には
どうしたらよいのだろうか?

 英文学科時代では、英語嫌いにはなっ
 たが、英語が話せるようになりたいと
 いう願望は常にあった。


 なんとかして、英会話のできる環境を作っていきたいし、継続いていきたいと 
 思っていた。

 出来るだけ、外国人と英会話をしたいという気持ちはあったので、あらゆる
 場所で、英語を話す機会を探すようにしていた。

 例えば、宗教活動で日本にきている外国人にも、自分から話しかけた
 こともあった。
 
 
また、タージマハールというカレー専門店で食事をするときも、店員のインド人
 を見つけ
英語で注文することを試したりもしていた。

 喫茶店に行けば、たまたま隣に外国人がいてコーヒーを飲んでいた。 
 タイミングを見計らって、こんなふうに話かけた。

 私 :What do you think of US presidential election?
    (アメリカの大統領選挙についてどう思う?)

 格好つけて、時事ネタでその外国人に話しかけたのである。

 すると・・・

 外国人:I don’t know . I am Geaman (知りません、私はドイツ人です)

 はずかしい話だが、当時の私は外国人といえば、ほとんどアメリカ人と
 思ってしまい
いつもアメリカの大統領について質問をしていたのだ。

 私が自分で英語が話せるようになったと認識したのは
 普段の生活で外国人と一緒に行動する機会が多くなってからだった。

 社会人となって、当時私の住んでいるアパートの隣の部屋に外国人が引っ越
 してきたのだった。


 英会話を習得したいと思っている私にとっては、願ってもいない機会に恵まれ
 たのだった。

 なんとか英会話を習得したいという気持ちは、あったので外国人と多く接触する
 時間が必要であると思った。

 その外国人とは同じアパートのよしみで親しくなり、よく外国人同士が集まる
 パーティーに誘われるようになった。

 日本で英会話を習得しようと思ったら、やはり英語や英会話に触れる時間を
 多くすることが不可欠である。

 外国人はパーティー好きである。そしてやたらとテンションが高いため、
 そのノリについていくのには、抵抗感を感じたことは少なくない。

しかし、仕事で疲れていようが、なんだろうが体にムチ打って参加しないと
 英語に触れる時間を確保できないからである。


 なので、つらくても何してもとにかくそのパーティーにできるだけ一緒に
 参加するようにしたのだった。

 英会話を習得するには、外国人の友達をつくるのが一番良いのだが、
 日常生活の中でなかなか近所に外国人が住んでいるという環境はないか
 もしれない。

 しかし、あなたが英会話スクールに通っているならば、その外国人講師が
 プライベートで行っているパーティーに一緒に参加させてもらうのである。

 もちろん英会話初心者であれば、そんなところへ行っても、
 ろくに話しができない。

 しかし大切なのは、その話しができない屈辱を嫌というほど味わうことが
 大切である。


 それをモチベーションとして自宅学習に弾みをかけるのである。

 何も目的もなく、屈辱感もなく、ワクワクするような楽しみもない、
 押し迫った緊急性もない人が、
ただ漠然と英会話ができるようになりたい
 という気持ちだけでは、絶対に長続きすることがないのである。

 勉強に長続きすることができなければ、英会話の習得も無理な話となるのだ。

 私の場合は話しが出来ない屈辱感を存分に味わってきたのである。

 ある時期からは無理やり外国人が集まる環境に自分をおいたことによって、
 少しづつではあるいが、その環境に慣れてきた。

 大切なのは「今度外国人と話しをするときは、この表現だけは絶対に使おう!」
 と決めて、その表現を徹底的に暗記するのである。

 その積み重ねが、あなたの英会話力に磨きをかけてくれるのだ。

 これは、英会話スクールに通っているときも、普段外国人と話しをするときも、
 自宅学習でできるだけそのことを意識しながら、フレーズや会話表現を暗記して
 いくことが大切である。

 日本国内にいて、英会話ができるようになるには、やはり圧倒的な量を
 こなさなくてはならないということである。


 ただ、私もいつもいつもパーティに参加していたわけでない。

 仕事で疲れて帰ってきたときなどは、やはりテンションがあがらないとき
 もあった。

 外国人は本当にテンションが高い人が多い。そんな中に自分もテンションを
 上げて入っていくことはそうそう毎回できるものではないのであった。

 そんなときは自宅で、英語の表現を覚えて次回に望むのであった。

 さて、では自宅学習ではどのように、継続していけばよいのかという
 ことになる。
 
 私の場合は、映画からから学ぶ、ジョーク英語を覚えるほかに、CD
 学習が中心だった。Eglish Journal を定期購読し、その中の好きな
 トピックスを選んで、繰り返しテキストを眺めながら聞いていた。

 Eglish Journal という雑誌は、アーティスト、政治、音楽、映画
 など、内容がバラエティに富んでいるため、興味のある分野を
 選んで学習することがでいるので、おすすめします。

 そして、学生時代から続けていたように、壁には英単語やフレーズ
 を書いた紙をベタベタと壁に貼っていたりもしていた。

 カセットテープに自分で暗誦した英文を録音して、何度も聴いて 
 いたりという方法を使っていました。

 テープ。CD学習の場合は、部屋の中に流しておけば、机に座っていなくても
 動きながらでも、学習できるからよい。

 著書「声を出して読みたい日本語」で有名な、斉藤 孝氏も言っている
 ように、英語は身体を動かしながら覚えるとよい!というのは
 全く同意する。

 わたしが一人暮しをしていたころは、朝、目覚ましがわりに、英語のCDが
 流れるようにしていた。

 英語を口ずさみながら、仕事に出かける仕度をする。

 仕事から帰ってきたら、やはりすぐに、CDにスイッチを入れ、英語を
 聞きながら晩御飯やらいろいろしながら夜を過ごしていた。

 英語CDにスイッチを入れるのを習慣とするのが良いと思う。

 あとは、なんでも同時に行う!という生活をしていた。
 英語のCDをききながら、空手のためのウエイトトレーニングを
 行いながら、その合間に手品の練習やら。もちろんテレビでは映画
 を流しっぱなしにしていた。

 忙しい中にもいろいろ考え次第で工夫できますよ。 

 そのほかに、国内にいて英語漬けの環境をつくるに一番良いのは、
 友達になった外国人と日本のどこかに旅行にいくことである。

 とにかく外国人は旅行好きである。

 私がもっとも英語漬けになった経験は、友達になった外国人と一週間の
 国内旅行に行ったことである。

 外国人はほとんど、ホテルに宿泊しない。宿泊は友達の外国人の家である。
 宿泊にあまりお金をかけないようにするのが習慣のようだ。

 行く先行く先みんな外国人の友達やらと行動するわけだから、
 一週間びっしり英語のシャワーをあびることになった。

 しかしそのときでも決して私の話しがはずんだわけではない。
 外国人同士の英会話はやはり早すぎて、聞き取れない。

 聞き取れないと話しの中にも入ることができない。つらい状況がつづく。

 しかし、その状況を歯を食いしばって乗り越えることによって、
 おのずと突破口が見えてくるのであった。

 私にとってそれは映画の話題と英語ジョークとの出会いだった。

 ジョークと英会話との出会い


 
手品のススメのメニュー

マジックDVD講座

モテるマジック48手

ラブマジック感想

ガチで使える感想

手品の歴史と起源

マジックとの出会い

手品の上達のための秘訣

生涯学習のための手品

失敗・ハプニング特集

東急ハンズでマジックショーデビュー

アイデアと発想力について

セリフの大切さについて

ウケる話術を研究する

手品のタネ明かしとやり方でスピーチ力を養う

マジックでもてるようになるには

合コンでもてる手品とは

マジシャンのための合コン必勝法

マジック 手品で大切なのは流れです

マジック 手品を見せてはいけない相手

週末マジシャン・バッザの手品日記帳

手品通信講座 無料資料請求

手品用品・手品グッズ

手品 マジック雑記

簡単手品のやり方

コンパで恋ぷらん口コミと評判

旅 行 記
手品と英語ジョークで過ごしたカナダ旅行記

 
趣味の英会話のメニュー

私の英語勉強法

ダジャレ英単語連想記憶法

英単語暗記法

英語嫌いになった英文学科時代

英会話スクールに通う前に注意しておくこと

英会話ができる環境と継続するには

ジョークと英会話との出会い

英語ジョークを覚えてコミュニケーション

映画で英会話をマスター

クローズド・キャプション・デコーダーで映画英語を習得

初心者が英会話をしているように見せかける方法









Copyright (C)手品のススメ All rights reserved