英語嫌いになった英文学科時代

英語嫌いになった英文学科の頃


手品のススメのトップページ 手品のススメの録管理人プロフィール 手品マジックの用語集・基礎知識 手品のススメのリンク集


トップ> 英語嫌いになった英文学科時代 

 英語嫌いになった英文学科時代
 
 英語嫌いになった英文学科時代
 経験談です。

 ただ単に英語が好きだから、大学は
 英文学科に進もうと
しているあなたは、
 私の経験を参考にしていただきたい。

 私は高校時代に英語の勉強が好きになり、もっと英語を極めたいと思い、
 大学は英文学科へ進んだ。

 しかし、これが私にとって英語嫌いにするきっかけとなったのだった。

 受験英語としてはそこそこ優秀な成績であった私は、単語と文法には
 少々の自信があった。

 大学の入学説明会の日のことである。
 そこでは、外国人の先生が英語でスピーチをしていた

 私は留学経験が全くないので、聞き取りはせいぜい英検2級程度の
 会話を聞き取れるかどうか程度のものであった。

 その外国人の先生のスピーチを断片的に単語を聞き取って、
 なんとなくその先生が言っていることを雰囲気で理解できるかどうかという
 ところだった。

 そしてその時、数人の生徒が先生の話を聞いて笑っていたのだった。 
 おそらく、そのスピーチの中でちょっと面白いことを言ったのだと思う。

 しかしそこは私は聞き取ることができなかったため、何が面白いのか
 全くわからなかった。

 それと同時に

 「え?今、面白いこと言ったの理解できる人がこの中にいるんだ」
 と少々びっくりしたのだった。

 それから、数日して、英会話の授業が始まった。
 先生はもちろんネイティブの外国人。

 各自、自己紹介から始まった。

 もちろん受験英語あがりの私は決まりきった表現で自己紹介をした。

 私の番が終わり、数人が過ぎたところで、スラスラと流暢な英語を話す
 生徒がいたのだった。

 その英語を聞いたとたん、私は自分が話したレベルにとてもはずかしさを
 感じたのだった。

 その生徒は、英語を流暢に話せるものだら、ネイティブの先生とも話しがはずむ。 
 するとその生徒もだんだんと調子づいてくる。

 そのうち、クラスでも段々とデカイ面をするようになる。

 英語を話せない者は、英語の流暢な日本人がいるだけで、自分が話すのが
 はずかしくなって段々と口数が少なくなってくるという悪循環に入って
 しまうのだった。

 こんな日々が繰り返されると、段々と英会話をすることに消極的になってくる
 のだ。
 

 実は、私の妻も同じ経験をしているのだ。 
 妻も高校時代は英語の成績が良く、英語の勉強が好きになり、
 迷わず英文学科へ進んだのだった。
 

 しかし、私の経験と同様に、まわりに、すでに高校生の頃に留学経験があり
 ペラペラと流暢に
話せる子がいたおかげで、すっかり萎縮していまい、
 英語嫌いになったのだった。

 また英会話のクラスでは、必ず日本人同士がペアになり、英語で世間話をする
 時間がある。

 これにはまいった。話題が豊富でない上に、スムーズに英語が話せないものが
 ペアになっても沈黙の時間がただできるだけである。

 また、英文学科というのは、女子が大変多いところなのだ。
 まわりからはうらやましいと思われるかもしれないが、英会話の授業に限って
 言えば、とてもやりずらい環境なのだ。

 さきほども言ったように、話題が豊富でなく、受験英語あがりで英会話は
 ままならず、しかも女性となると、話題や話が合わないのである。

 何度も沈黙となり嫌な空気が流れる時間を過ごしたことか。

 そんなことが繰り返されているうちにおのずと好きだった英語から、
 だんだんと遠ざかっていくのであった。


 このときに実感したのは、受験の英語と違い、英会話の場合は習得しやすい人
 としにくい人がいるのだなと思った。


 少々間違っても平気で、会話をし続ける人は当然、上達しやすい。
 一方で、間違えることを恐れていたり、またすぐ近くに英会話ができる日本人と
 同席したときに、はずかしさを感じるようではなかなか上達が遅いのである。

 英会話の最も基本である、話をするということにためらいが出てくるからである。

 逆にどんどん人の輪の中に入り込んでいける性格の人はやはり、
 上達が早いのである。

 では、上達の遅い人は、英会話を身につけることができないのだろうか?

 そんなことはない!現に私はどちらかというと、大勢の輪の中に積極的に
 入っていくタイプでは
なかったが、なんとかかんとか英会話はできるようになった。

 そこには、やはり趣味のおかげであったのだった。

 ただの英会話だけで、外国人と親しくなることはなかなかないが、
 趣味を持っていると、外国人と親しくなるきっかけがある。

 共通の趣味を持つことによって、その話題を英語で話すことができるからだ。

 私の場合は、空手をやっていたため、日本の伝統文化である空手に興味を
 持つ外国人
もいたのであった。

 そうすると空手を教えてあげたり、一緒に練習する時間を過ごすことによって、
 英会話をマスターするとても良い機会にめぐまれたのであった。

 このサイトの大枠のタイトルの趣味のススメのとおり、いくつになっても
 趣味はあなた人生を豊かにし時には助けてくれることもあるのだ。


 大学時代は英文学科のおかげで、英語嫌いにはなったが、趣味のおかげで 
 英会話をする機会いは恵まれていたのだった。

 

 
手品のススメのメニュー

マジックDVD講座

モテるマジック48手

ラブマジック感想

ガチで使える感想

手品の歴史と起源

マジックとの出会い

手品の上達のための秘訣

生涯学習のための手品

失敗・ハプニング特集

東急ハンズでマジックショーデビュー

アイデアと発想力について

セリフの大切さについて

ウケる話術を研究する

手品のタネ明かしとやり方でスピーチ力を養う

マジックでもてるようになるには

合コンでもてる手品とは

マジシャンのための合コン必勝法

マジック 手品で大切なのは流れです

マジック 手品を見せてはいけない相手

週末マジシャン・バッザの手品日記帳

手品通信講座 無料資料請求

手品用品・手品グッズ

手品 マジック雑記

簡単手品のやり方

コンパで恋ぷらん口コミと評判

旅 行 記
手品と英語ジョークで過ごしたカナダ旅行記

 
趣味の英会話のメニュー

私の英語勉強法

ダジャレ英単語連想記憶法

英単語暗記法

英語嫌いになった英文学科時代

英会話スクールに通う前に注意しておくこと

英会話ができる環境と継続するには

ジョークと英会話との出会い

英語ジョークを覚えてコミュニケーション

映画で英会話をマスター

クローズド・キャプション・デコーダーで映画英語を習得

初心者が英会話をしているように見せかける方法









Copyright (C)手品のススメ All rights reserved